妊婦 その他

妊婦さんの歯周病がおなかの赤ちゃんにも影響する?

de3db8bded0defef5caadd00e312fe5b_s

妊娠中には実は歯のトラブルに悩む妊婦さんも少なくありません。

歯医者さんに行くとレントゲンを撮られることもあるので、気にはなっているけど赤ちゃんが生まれてからでもいいかと思っている妊婦さんもいるでしょう。

ですが、歯周病は実は妊婦さんだけではなく赤ちゃんにも影響があるのです。

妊娠中でも注意が必要な歯周病とは?

歯周病とは簡単に言うと歯を支えてる歯茎や骨が壊されていく病気です。

虫歯は歯そのものが壊されていくことを言い、歯周病は組織が壊されていくことを言います。

歯周病の原因は

 食べかすが歯の間に残っている

 歯垢

 歯石

 かみ合わせ

 歯にかぶせ物がある

といったことが原因で歯周病が起こります。

妊娠中に歯周病なると早産のリスクが高まる?

歯周病は口の中だけでおなかの赤ちゃんには関係がないと思っていませんか?

実は歯周病のメカニズムと出産のメカニズムが同じだという報告があるのです。

陣痛が始まるのはプロスタグランディンという物質の分泌が高まるためです。

このプロスタグランディンの分泌を促すのがサイトカインになりますが、このサイトカインは炎症すると増える生理活性物質です。

歯周病の炎症によりサイトカインが増えることによりプロスタグランディンが分泌されると、子宮の収縮が始まって陣痛が起こり早産になってしまう可能性があるのです。

アメリカでの報告ですが、妊娠37週未満で出産した早産や、2500g以下の低出生体重児を出産した人たちの中で歯周病だったのはそうでない人の7.5倍だったのです。

妊娠中に歯周病には歯科検診が一番

歯周病は重篤になる前に早めに治療するのが一番です。

妊娠初期にはつわりの影響から、歯磨きをすると気分が悪くなってしまう人もいてそれが原因で虫歯や歯周病になってしまうこともあります。

妊娠中期以降なら麻酔やレントゲンによるおなかの赤ちゃんへのリスクはあまり心配はいりません。

ですが、妊婦さん自身が麻酔やレントゲンをするのはやっぱりおなかの赤ちゃんが心配ということなら必ず医師にしっかりと自分の意思を伝え、麻酔やレントゲン以外の方法での治療をお願いしましょう。

妊娠中に歯茎が腫れていたり、炎症を起こしているようなら妊娠中期以降に歯科検診に行くことをおすすめします。

妊娠中に歯周病を予防するには?

歯周病の予防には妊婦さんに限らず歯磨きをしっかりと行うことです。

歯周病は歯と歯茎の間に食べかすが残っていて起こります。

歯と歯茎の境を意識してしっかりと磨き、糸や歯間ブラシを使うのもいいでしょう。

毎食後の歯磨きが理想ですが、負担が多いなら一日に一回夜に15分くらいかけて丁寧に磨くといいです。

歯磨きだけを15分行うのは長続きしないことも多いので、お風呂に入りながら、テレビを見ながらとながら歯磨きで毎日続けてみましょう。

しっかりと健康な歯茎で早産のリスクを回避して元気な赤ちゃんを産みましょう。

関連記事

  1. 55b6807aa9a99d28e591e37f10c0cdf0_s 妊婦検診でポリープが見つかったら
  2. 8710108 妊娠中から口からだけではなく皮膚からも気を付けて!
  3. bfc596ee82d02e53389d62b6316577ec_s お腹の赤ちゃんによいとされる胎教って何?1
  4. 夫婦 妊娠中の夜の営みは大丈夫?
  5. 33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s 妊娠中からできる完全母乳育児への道
  6. bfc596ee82d02e53389d62b6316577ec_s 気になる妊娠中の電磁波の影響について
  7. パン 妊娠中にパンを食べ過ぎると小麦アレルギーの子が生まれる?
  8. 遊園地 妊娠中に遊園地に行っても大丈夫?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。