妊婦 健康

35歳以上は高齢出産。よりリスクが伴うことを忘れないで!

4149bc3b141daf0859dcbccac6b6a7ee_s

最近は結婚しても仕事を続けて社会で活躍する女性も増え、20代で出産する女性が減って、30代で出産する女性が増えてきているといわれています。

そのために初めての子を35歳以上の高齢出産で産む女性が30年前と比べると2倍ほどになってきています。

高齢で初産を向ける妊婦さんは不安に感じることも多いでしょう。

高齢出産についてみてみましょう。

高齢出産ではなく出産適齢期はいつ?

女性の出産の適齢期といつになるのでしょうか?

妊娠や出産には必要不可欠な女性ホルモンであるエストロゲンのピークは10代後半になります。

20代から30代の間は安定して分泌されるためにこの時期が出産の適齢期といえます。

30歳になるとだんだんエストロゲン分泌が減っていきます。

エストロゲンの分泌が減ったサインには

 肌の弾力が減る

 シミ、シワが増える

 艶がなくなる

よくお肌の曲がり角という言葉を聞きますが、同時に出産の曲がり角ということになるのです。

高齢出産はどんなリスクがあるの?

35歳以上の高齢出産になると出産に必要となるエストロゲンが減るために卵子もデリケートにダメージを受けやすくなるのです。

受精して細胞分裂をしていくときにエラーが起きやすくなるために流産や奇形児のリスクが高まります。

流産のリスクは20代後半は9.5%程度ですが、30代後半では19.7%となりかなり高くなるのです。

高齢出産になればなるほど

 切迫流産

 切迫早産

 妊娠高血圧症候群

 妊娠糖尿病

 子宮筋腫

のリスクも高くなります。

さらに高齢になると妊娠に関する病気だけではなく、腎臓や肝臓といった肝臓の病気やがんになる可能性も増えるためにトラブルも多くなります。

高齢出産はリスクを軽減するためには?

高齢出産の妊婦さんは多くにリスクに心配でストレスや不安を抱えているかもしれません。

出産は高齢出産に限らず少なからずリスクを伴うものです。

しっかりと妊婦健診を欠かさず受診して、妊婦さん自身の体に異変がないか経過を把握することが大切です。

検査の結果もしっかりと受け止め、異常があった場合には早期発見することが何よりもリスクを軽減することができます。

切迫早産や切迫流産は妊娠適齢期の妊婦さんにも起こりうることです。

「高齢出産だから」とあまり気にしすぎず、絶対安静にしてリラックスをして過ごすことが何よりも大切になります。

 塩分を控えめにし、高たんぱくで低カロリーの食事

 規則正しい生活をする

 しっかりと睡眠をとる

 適度な運動をする

 体重増加に気を付ける

元気な赤ちゃんを出産するために妊婦さん自身の健康を第一に無理をしないようにしましょう。

関連記事

  1. f9cd82d50be41826b10482c399898d40_s 妊娠中のヘアカラーは危険?
  2. c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s 白砂糖が及ぼす胎児への影響
  3. 抱っこ 妊娠中は重いものを持ったらダメ?抱っこも良くないの??
  4. f433015eae9615e479d603d86d171ff0_s 妊娠中に起こるトラブルについて(妊娠初期)
  5. 4feb5f4edb0bf2119ec0cbc6285c6fbf_s 妊娠中に起こるトラブルについて(妊娠中期)
  6. bfc596ee82d02e53389d62b6316577ec_s 妊娠中の体重管理
  7. 赤ちゃん 高齢出産で先天性異常を減らす方法
  8. a8557a3401be0410dfdb4abe880a2f47_s 乳製品の取りすぎは妊婦さんにとって良くない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。