妊婦 健康

羊水の健康は赤ちゃんの健康につながる?

c665eb7ad06227a026c3b60cd7d2b823_s

羊水はおなかの赤ちゃんが妊婦さんのおなかの中で元気に健康に過ごすために欠かせないものです。

羊水はどのような役割がある?

 外からの衝撃から守るクッション的な役割

 おなかの赤ちゃんが運動できる役割

 肺呼吸の練習

羊水にはこのようにとても大切な役割があるのです。

妊婦さんが誤って転んでしまった場合でも羊水のおかげで、おなかの赤ちゃんには直接衝撃が伝わらず守られています。

おなかの赤ちゃんは羊水の中で手や足を延ばしたり曲げたりしたり体を回転させたりと運動をしているのです。

相することによって筋肉や骨格を発達させていくのです。

妊娠が進んでいくとおなかの赤ちゃんは羊水を肺まで取り込み、飲んだ羊水は肺や小腸に吸収をされ血液に取り込まれ、腎臓で吸収をされ尿になって排出するということを繰り返すようになります。

羊水は量が大切?

羊水は妊娠中ずっと同じ量ではなく変化していきます。

だんだんと増えていき30週から35週がピークとなり個人差はありますが、だいたい800mlぐらいになります。

妊娠40週を過ぎるころには500ml以下となって減っていくのです。

羊水が多すぎたり少なすぎたりする場合は何か問題があると考えられます。

例えば、赤ちゃんが羊水を飲んで排出するという流れがおかしいのではないかと疑われたりするのです。

羊水の量は妊婦健診の超音波検査で調べ、妊婦さんと赤ちゃんの健康状態のバロメーターにもなっています。

羊水過多

羊水の量が800mlを超えた場合は羊水過多と診断され、おなかの赤ちゃんの消化器系や脳神経系の異常が考えられます。

 おなかがよく張る

 足のむくみがひどい

 呼吸が苦しい

といった症状を妊婦さんが感じる場合には、切迫流産や、切迫早産の危険性もあるために必ず医師に相談をしましょう。

羊水過少

羊水の量が100mlを以下の場合は羊水過少と診断され、おなかの赤ちゃんからの危険を知らせるサインになります。

 外の衝撃から守ってくれる羊水が減ることでおなかの赤ちゃんに負担がかかる

 飲む羊水が減ることで肺の活動が低下する

ということがおなかの中で起きています。

羊水過少と診断される原因の約半分ぐらいが、前期破水という妊娠37週よりも前に起きる破水によるものになります。

他にも

 おなかの赤ちゃんの腎臓や泌尿器系の異常

 子宮への血流の減少

が考えられます。

羊水を健康にするためには?

羊水を健康にするためにはまずは妊婦さん自身が健康であることが何より大切です。

 タバコは吸わない

 適度に運動をする

 体を締め付ける下着をつけない

 ストレスを溜めすぎない

 無理をしすぎない

羊水を健康にするには・・・と深く考えすぎず、元気に生まれてくるおなかの赤ちゃんのことを考えながら妊婦生活を楽しむことが一番です。

関連記事

  1. パン 妊娠中にパンを食べ過ぎると小麦アレルギーの子が生まれる?
  2. de3db8bded0defef5caadd00e312fe5b_s 妊婦さんの歯周病がおなかの赤ちゃんにも影響する?
  3. c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s 白砂糖が及ぼす胎児への影響
  4. 33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s 妊娠中からできる完全母乳育児への道
  5. bfc596ee82d02e53389d62b6316577ec_s 妊娠中の体重管理
  6. b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s 妊娠中の睡眠不足は大敵!
  7. 55b6807aa9a99d28e591e37f10c0cdf0_s 妊婦検診でポリープが見つかったら
  8. 8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s 妊娠中は体重を気にしすぎるのも良くない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。