妊婦 ヘアカラー

妊娠中のヘアカラーは危険?

f9cd82d50be41826b10482c399898d40_s

妊娠中だっておしゃれをしたいと思う妊婦さんも少なくありません。
今までは当たり前にしていたおしゃれもおなかの赤ちゃんに悪影響があるものであれば、おしゃれよりもおなかの赤ちゃんのためにと妊娠中は我慢することもあるでしょう。
今はヘアカラーをしている人も多くなっています。

ヘアカラーにはどんな種類がある?

美容院で主に行われているヘアカラーはアルカリカラーやヘアダイと呼ばれている酸化染毛剤になります。
ヘアカラーの薬剤はほとんどが石油合成である化学薬品から作られています。

その薬剤の中でも毒性が強いのが、発色剤であるジアミンと呼ばれる化学染料なのです。

発がん性やアレルギー性接触皮膚障害といった症状の報告があります。

マニキュアなら安心と思っている妊婦さんもいるかもしれませんがマニキュアにも毒性を持っている化学薬品が使われているものもあるのです。

マニキュアの色のもととなっているタール色素は発がん性があるといわれています。

ブリーチにはジアミンは入っていませんが、主成分は過酸化水素水で皮膚につくとやけどをしたようになるために安全とは言えません。

妊娠中にヘアカラーをするとどうなる?

妊娠中に今まで通りにヘアカラーをするとおなかの赤ちゃんがガンを発症する危険性が10倍も上がるといわれています。

ヘアカラーは

皮膚のアレルギーの原因となる物質
環境ホルモン作用
発がん性物質

であること報告されているために妊娠中にヘアカラーを行うことは大変危険を伴います。

おなかに赤ちゃんがいることを忘れずにおなかの赤ちゃんにとって安全なものを選んでいくことで妊婦さん自身も安心して過ごすことができます。

妊婦さん自身もいつもよりもアレルギー反応を起こしやすくなっているのでヘアカラーはできれば避けた方がいいでしょう。

妊娠中にヘアカラーをしたいときは?

できれば妊娠中にヘアカラーはしない方がいいとお伝えしましたが、しないことによって気持ちが落ち込んだり、ストレスが溜まってしまうとしたらそれは妊婦さんにとって良くありません。

どうしてもという場合にヘアカラーを選ぶポイントは

天然染料
無添加
無香料
ノンアルコール
ジアミンが入っていない

物を選びましょう。

生れたときに赤ちゃんにもしものことがあった場合、「あの時ヘアカラーさえしなければ」と後悔をすることがないように、ヘアカラーをするときにはよく考えてから行うことをお勧めします。

関連記事

  1. active-bio2_250 妊婦さんにとって水は重要!
  2. 8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s 妊娠中は体重を気にしすぎるのも良くない?
  3. c665eb7ad06227a026c3b60cd7d2b823_s 羊水の健康は赤ちゃんの健康につながる?
  4. bfc596ee82d02e53389d62b6316577ec_s お腹の赤ちゃんによいとされる胎教って何?1
  5. b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?
  6. 4149bc3b141daf0859dcbccac6b6a7ee_s 35歳以上は高齢出産。よりリスクが伴うことを忘れないで!
  7. 4feb5f4edb0bf2119ec0cbc6285c6fbf_s 妊娠中に起こるトラブルについて(妊娠中期)
  8. bc11900ab49193025630a75de75ad8e7_s 妊娠中の薬はどうしたらいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2016年11月
« 10月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。