妊婦 高齢出産

高齢出産で先天性異常を減らす方法

赤ちゃん

最近では晩婚化が進み、高齢出産といわれる35歳以上で出産をする人も増えてきました。

高齢出産はダウン症と呼ばれる先天性異常になる確率も上がります。

その原因と対処法についてまとめてみました。

先天性異常になる確率が上がるのはなぜ?

年齢が上がるにつれて先天性異常になる確率が上がるのは卵子老化によるものとなります。

先天性異常の中で一番多いダウン症の出生率は

20歳・・・1667人に1人
30歳・・・952人に1人
35歳・・・378人に1人
40歳・・・106人に1人
45歳・・・30人に1人

になります。

ダウン症以外の染色体異常の出生率は

20歳・・・526人に1人
30歳・・・385人に1人
35歳・・・192人に1人
40歳・・・66人に1人
45歳・・・21人に1人

になります。

女性の一生分の卵子はすべて胎児期に形成されます。

そのために年齢が上がると長い時間排卵期を待っていた卵子を排卵することとなるのです。

ただしこれはあくまでも確率であり、高齢出産でも何の障害も持たない元気な子どもを出産している人もいるのは事実です。

35歳を過ぎて妊娠が分かった場合は20代に比べればリスクが伴うことを頭に入れておくといいでしょう。

先天性異常のリスクを減らすためにできることは?

先天性異常のリスクを減らすためにできることがあります。

それは卵子の老化を少しでも防ぐことです。

その為には葉酸を摂取することをお勧めします。

先天性異常は葉酸の摂取が少ないと発症する確率も上がるといわれています。

葉酸は細胞の分裂、増殖、成熟に必要な栄養素となります。

おなかの赤ちゃんの体は細胞分裂を繰り返して体を形成していきます。

その為に葉酸は必要不可欠な要素となるのです。

葉酸を多く含む食材とは?

葉酸を多く食材はいくつかあります。

野菜なら

  • 枝豆
  • ブロッコリー
  • なばな
  • アスパラガス
  • ほうれん草
  • 芽キャベツ
  • 春菊
  • とうもろこし

等になります。

ゆでると摂取できる葉酸の量は多少減るもののしっかりと葉酸を摂取することができます。
果物なら

  • いちご
  • アボカド
  • ライチ
  • ドリアン

海藻類なら

  • のり
  • あおさ
  • 昆布
  • かずのこ
  • ホタテ
  • いくら

豆・穀物・種子類なら

    • 大豆
    • ひよこ豆
    • 小麦胚芽
    • ごま
    • ピーナッツ

意外といろいろな食材に入っているために日常的に気を付けていなくても日常的に摂取できているかもしれません。

成人女性の葉酸摂取量は240μgですが、妊娠期には480μgが必要となります。

妊娠が分かったらすぐにでも葉酸を多めに取るようにしましょう。


グラパラリーフなら妊婦さんに必要な葉酸だけでなくカルシウム、食物繊維も一緒に摂れて優れものです。

関連記事

  1. 4149bc3b141daf0859dcbccac6b6a7ee_s 35歳以上は高齢出産。よりリスクが伴うことを忘れないで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2017年4月
« 1月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。