妊婦 その他

妊娠中は重いものを持ったらダメ?抱っこも良くないの??

抱っこ

妊娠中には重いものは持たない方がいいといわれることが多いですが、いったいどれくらいが重いものになるのでしょうか?

二人目や三人目を妊娠中の場合は、上の子に抱っこをせがまれることもあります。

お腹の子も大切だけど目の前にいる子どもの大切だから、どうしたらいいのか悩んでしまいますね。

今回は妊婦さんがどうして重い荷物を持ってはいけないのか、どうしても持つ場合はどんなことに気をつけたらいいのかをまとめてみました。

 

妊婦はどうして重いものを持ってはいけないの?

 

妊婦が重い荷物を持っていけない理由は、腰に負担がかかってしまうからです。

腰に負担がかかってしまうと、母体の血流が圧迫されてしまい、おなかの赤ちゃんに送り込まれる血液量が停止してしまう恐れがあります。

力を入れることで切迫早産や切迫流産を引き起こしてしまう危険性もあります。

重いものを高いところの乗せたり、高いところから降ろしたりも相当腰に負担がかかるために妊娠中は旦那さんにお願いしましょう。

 

どれくらいの重さまでなら大丈夫?

 

妊婦が持っても大丈夫といわれる重さの基準は10㎏になります。

ただしアメリカでは片手で6.7㎏までとなっており、正確な数字ではないようです。

その為目安も個人で変わってきます。

10㎏を超える荷物を持っても、特に問題なく無事に出産を迎えた妊婦さんもいますし、2㎏くらいでおなかが張ったり切迫早産になった妊婦さんもいます。

妊婦さん自身が重いと思ったり、腰に負担がかかると感じる重さのものは辞めておきましょう。

また、お米やビールケースのように抱え込んで持たなければいけないようなものは、重さもあっておなかを圧迫してしまうために危険です。

おなかが張っている時には絶対に重いものは持ってはいけません。

出血があった場合は1週間くらいは様子を見て、重いものは持たないように気をつけましょう。

10㎏を超える子どもを抱っこしてはダメ?

上の子がいる場合、ママが妊婦さんになると今まで以上に甘えてきたり抱っこを要求するようになることが多くあります。

ママとしては上の子の気持ちを考えると、抱っこをしてあげたいところですが抱っこをする際には注意が必要です。

立ったまま抱っこをすると腰に負担がかかったり、おなかを圧迫してしまうために、座って膝の上で抱っこをするようにしましょう。

抱っこにこだわらず、その場でぎゅっと抱きしめてあげたり、頭や肩を触ってスキンシップを取ってあげるのも効果的です。

抱っこに代わる上の子が満足するようなスキンシップを心がけましょう。


お腹が大きくなってくると、重い荷物を持っていなくても階段の昇り降りで腰が痛くなったりすることもあります。

重い荷物はもちろんのこと、腰に負担がかかるようなことを避けて元気にマタニティライフを楽しみましょう。




関連記事

  1. 8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s 妊娠中は体重を気にしすぎるのも良くない?
  2. active-bio2_250 妊婦さんにとって水は重要!
  3. 33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s 妊娠中からできる完全母乳育児への道
  4. e66ab857d65d17fc6bd2fcc44dc62bc2_s もしかしてマタニティーブルーかも?
  5. ade79824e25d259a186d4b53f7fe5a00_s 妊娠中に起こるトラブルについて(妊娠後期)
  6. b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_s 妊娠中の睡眠不足は大敵!
  7. sanramera-600-w 赤ちゃんが生まれても使える暖房器具
  8. c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s 白砂糖が及ぼす胎児への影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。