妊婦 無痛分娩

無痛分娩のメリットデメリットとは??

9fc065709b6e0ce01b603a4267b8ac05_s

出産のときの痛みはできれば少なくしたいと思う妊婦さんも多いでしょう。

無痛分娩は分娩の痛みを和らげてくれるので、気になる人も多いようです。

無痛分娩だと自然分娩と違い、薬を使うためにおなかの赤ちゃんへの影響も気になります。

今回は無痛分娩のメリットデメリットについてまとめてみました。

無痛分娩とは?

無痛分娩は薬を使って陣痛や分娩時の痛みを和らげる分娩方法になります。

無痛分娩には硬膜外麻酔と点滴麻酔という2種類があります。

硬膜外麻酔

脊髄の近くに針を刺します。

針を刺すときには痛みを感じます。

痛みをしっかりと和らげてくれますが、眠気は強くないために分娩の時に意識はしっかりとしています。

妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも影響の少ない無痛分娩の方法です。

点滴麻酔

静脈から麻酔を入れていきます。

硬膜外麻酔よりも痛みを和らげる効果が薄いですが、事前の処置は簡単になります。

眠気が強いために、分娩中に眠くなってしまうこともあるようです。

無痛分娩のデメリットは?

無痛分娩は普通の分娩にプラス料金がかかります。

病院によって違いがありますが、5万円から16万円程度になります。

麻酔の効果は個人差があるために、麻酔が強く現れてしまう場合があります。

その場合は、子宮の収縮が弱くなってしまうことがあり、鉗子分娩や吸引分娩の処置をせざる負えない状況になることもあるようです。

この確率は硬膜外麻酔の方が高くなります。

赤ちゃんへの影響はあまり心配しなくても大丈夫なようです。

出産直後は反応が弱く、音や光に鈍感になる場合もありますが、一時的なものになります。

無痛分娩痛みは本当にないの?

無痛といっていますが、無痛分娩は全く痛みがなくなるわけではありません。

陣痛の痛みも和らぐために、落ち着いていきむことができます。

いきむときに力を入れすぎて呼吸を止めてしまうと、血流が悪くなりおなかの赤ちゃんの酸素量が減ってしまう危険性があります。

無痛分娩では、力を入れすぎる心配がないために、血流が悪くならずに済みます。

看護師さんの指示に従って上手にいきめ、激しい痛みに邪魔されずに分娩に集中できるのです。

無駄な体力を消耗せずに済むために、産後の回復も早いと言われています。

人によっては生理痛くらいの痛みの人もいれば、強い痛みを感じる人もいるようですが、自然分娩よりは痛みは軽くなります。

体力に自信のない人や、痛みに弱い人は無痛分娩での分娩に前向きに考えてみましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

妊婦さんにお得な情報をいち早くお届けします♪

解決ママのご購読ありがとうございます!!妊娠中の不安が幸せと喜びとなるような情報をお届けしていきます。

AD
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。